恐怖症を克服したい治したいと思っている方が知っておきたいこと

恐怖症克服,対人恐怖症

恐怖症と一口にいってもその恐怖の対象はさまざまです。

 

狭い場所といった空間や、注射のような先端特定の動物に対しても恐怖を持つ方がいるようです。

 

まずは対象を知ること

こうした恐怖症で悩んでいる場合、まずは自分がどんなものに対して恐怖を抱いているのか知ることが大切です。

 

対象を知れば、それをなるべく避けるようにすることである程度対処することができるからです。
しかし、恐怖症の対象が動物などでは、避けたいとは思っていても不意に遭遇してしまうこともあるため、対処としては不十分となります。

 

そうなると、やはり精神科で診てもらうことも考えなければなりません。

 

精神科も視野に

克服したいと思うと、時間経過とともにいくらか改善する方もいるようです。
しかし、全く改善しない方もいるため、一度専門家に診てもらうことが現実的な解決だと言えます。

 

病院に通うかどうかの一つの目安としては、恐怖症の対処をしても、日常生活に支障をきたしてしまうようになったときが相談するタイミングだといえます。
症状が深刻化してしまうと社会生活が送れないことになり、恐怖症以外にもさまざまな症状が併発してしまうこともあります。

 

症状が出てからなるべく早く病院に行くことは大切と言えるでしょう。


こころの話、恐怖症性不安障害とは?種類別にみてみましょう。

恐怖症克服,対人恐怖症

恐怖症性不安障害といってもいくつかの種類があります。

 

恐怖を感じる対象はさまざまですが、大きく分けて次のようなものが挙げられます。

 

広場恐怖症

まず「広場恐怖症」、逃げ場がなかったり、家で一人でいるなど助けを呼べる状況でない時に恐怖を感じます。
これを感じる前には気持ちが悪くなる、めまいがするといった身体的症状もあらわれる事があり、外出先でなったらどうしようと外へ出られなくなる人もいます。

 

社会(対人)恐怖症

次に「社会(対人)恐怖症」、他者と接することに異常に恐怖を覚えます。
主に、注目を浴びる状況でパニックを引き起こし、症状が重くなり鬱がひどくなると社会的機能が著しく低下する場合があります。

 

特定の恐怖症

最後に普段あまり恐れることのないものに対する「特定の恐怖症」、例えば暗闇高所閉所先端などの恐怖で数は多いです。

 

改善には周囲の理解と協力が大切

どれも改善するには家族、パートナー、友人といった周りの理解や協力も非常に大切です
恐怖症性不安障害の人はひとつずつ不安を解消していく必要がありますので焦らず確実に治療していきましょう。

 

またある実験ではカフェイン、炭酸ガス、乳酸により症状が悪化することがわかりました。
原因はいろいろありますが、恐怖症性不安障害であっても日常には多少のつまづきもあると捉え、あまり負担に感じることなく日々を過ごせると良いでしょう。


恐怖症性不安障害の診断基準と発症の原因、またその治療法

恐怖症克服,対人恐怖症

現代人は以前に比べ、精神疾患を患う人が非常に多くなっています。

 

精神の疾病には様々な種類のものがあり、症状も多様化していることから疾病を判断する診断基準も多様な種類のものが存在しています。
こうした精神疾患の中に、恐怖症性不安障害と呼ばれる種類のものがあります。

 

恐怖症性不安障害の症状

恐怖症性不安障害は、大きく分けて3つの種類のものがあり、広場恐怖症社会恐怖症特定の恐怖症があります。
それぞれ症状を引き起こす状況に違いがあるのが特徴です。

 

一人での外出が困難

広場恐怖症は女性に多く見られる症状です。
広い場所や、人ごみ、または外出に対し恐怖を感じるもので、一人での外出が困難になる症状を起こします。

 

組織内で活動するのが困難

社会恐怖症は人前に出ることを極端に苦痛に感じる症状です。
学校や会社といった組織内で活動するのが難しくなる場合もあり、うつ症状を引き起こすこともあります。

 

社会生活に支障をきたす

特定の恐怖症は一般的に恐怖を感じる必要の無いものに対し恐怖を感じるものです。
周りから理解されないにくい事もあり、症状が顕著な場合は社会生活に支障をきたすケースもあります。

 

恐怖症性不安障害の治療

これらの恐怖症性不安障害の治療には精神分析的精神療法行動療法といった方法が有効です。
症状の緩和として抗不安剤や抗うつ剤の投与なども用いられています


対人恐怖症とはどんな病気なのか?原因と症状について。

恐怖症克服,対人恐怖症

対人恐怖症とは、社会不安障害とも言われ、最近注目を浴びるようになった病気です。

 

誰でも、大勢の人の前で話したり、初対面の人と会うことは緊張するものです。
しかし対人恐怖症の人は、人や社会への不安が過剰になり、社会生活、酷くなると日常生活まで支障をきたすようになります。

 

対人恐怖症の原因

この病気の原因ですが、小さい頃の育った環境なども関わっているとされています。
なりやすいのは、神経質でこだわりが強い人や、怖がりで恐怖心を持ちやすい性格の人です。

 

学校で発表するときに顔が赤くなったり声が震えてしまったなど、子供の頃の出来事が原因になることも多いのです。

 

対人恐怖症の症状

対人恐怖症の症状は様々です。

  • 会議や披露宴のスピーチの際に声が震える
  • 顔が赤くなってしまう
  • 手汗をかいてしまう
  • 人前で文字を書くときに字が震えてしまう
  • 会社の電話が鳴ることに恐怖を感じる

 

など、社会生活の中で不安を感じることもたくさんあります。

 

この病気が悪化してしまうと、知らない人が近くに居ると思うだけで、息が苦しくなったり、貧血を起こしたりと身体的にも症状がで始めます。
このように生活に支障が出るほど酷くなったら、速やかに病院へ行き診断を受けましょう


対人恐怖症の人が仕事をするなら極力人と接しないものを

恐怖症克服,対人恐怖症

対人恐怖症というのは文字通り人と接することに対して恐怖を覚えるものだけに、仕事をするにしても大きな支障が出てきてしまいます。

 

しかし、生活をしていくためにはお金を稼がなければいけないので、どうしても人と接する必要が出てきてしまうものです。

 

対人恐怖症との向き合い方

人によっては労働をする上で人と接することで、対人恐怖症を克服できたという人もいたりします。
しかし逆にそれによって余計に対人恐怖症を悪化させてしまったという人や、そもそも労働が原因で対人恐怖症になってしまったという人もいます。

 

無理にでも誰かと接して労働をするというのは症状を悪化させるリスクの方が大きくなってしまいます
そこで、そのような時には極力人と接する機会の少ない、業種を選ぶのが良いでしょう。

 

対人恐怖症の方へお勧めする職業

どのような業種であっても最低限人と接することはありますが、極力人と接することを避ける事はできるものです。

 

例えば工場のライン工やデータ入力といった事務系の仕事
あるいはトラックの運転手などのようにドライバー職といったものもいいでしょう。
とにかくできるだけ人と接する機会がすくなくあまりストレスを感じずに働くことを目指すべきです。

 

このような仕事について生活が安定してくれば、心にゆとりも出来るため対人恐怖症も緩和されることがあります
なので、まずはこのようなところから働いてみるのもよいでしょう。


対人恐怖症の人が就職する時には人と接することが少ない仕事を

恐怖症克服,対人恐怖症

対人恐怖症の人が生活をする上で一番困ってしまう問題が、就職についてです。

 

仕事をすればどうしても誰かと接する機会が増えてきてしまうだけに、
極度の対人恐怖症の人にとっては仕事を始める前の段階で躓いてしまうということになります。

 

しかし、いくら対人恐怖症とはいえ収入がなければ生活をしていくことができません
仕事をしないという選択肢はよくありませんが、できるだけ人と接する機会の少ない仕事を選ぶという方法はとることができまず

 

人と接する機会の少ない仕事を選ぼう

軽度の対人恐怖症であれば多少の人間関係ぐらいであればなんとかる場合もあります。
そのような軽度の人の場合は、少しは人と接する仕事に就くことでむしろ普通の生活をおくれるようになるものです。

工場

人と接することの少ない代表的な仕事といえば工場ですね。
基本的に一人一人が決められた作業をし続けるものであるため人と接することが少ないものです。

 

ドライバー

トラックの運転手のような荷物を運ぶドライバー職といったものも運搬中は基本的に人と接する機会がありません

 

警備員

深夜の時間帯の警備員といった仕事も勤務中にほぼ人と接することがありません。

 

いかがでしょうか?これらの職業であれば、対人関係が苦手な人にとっては働きやすい職場といえます。
対人恐怖症の人はこのような出来るだけ、我慢できる仕事を選んで就職をすると生活が安定してゆとりがでるものですよ。

 1.最短で5〜10分!遅くとも2日程度で恐怖症が改善できる!
 2.自宅で一人で実践可能!
 3.今この瞬間から60分以内に改善できない時は教材代金を返還!

手に入れてから60分で改善する秘密ははコチラから!


[恐怖症を克服したいなら]関連情報